SNSとブログの違い

*注意
私(Okota)はSNSはmixiぐらいしか実際にやったことがないので、 ここで言うSNSというのはmixiの事だと思って読んでください。

SNSとブログの違いは、繋がりの密度にあると思います。

ブログというのは通常のインターネット空間に存在する、 1つのWebサイトなのです。 自分で1から作ってないし、スペースの確保という概念も希薄になってしまいますが、 それでも1つのWebサイトであることには変わりないのです。

1つのWebサイトに色々な機能が付いてるのがブログという認識で問題無いでしょう。 スターターキットみたいな感じですね。

その為、基本的には「知り合い同士」でのコミュニケーションという意味合いよりも、 世の中全てに対して公開している意味合いの方が強いのです。 知り合いにアドレスを教えたとしても、「1つのWebサイト」ぐらいの認識になるかと思います。

逆に、SNSというのは通常のインターネット空間から切り離され独自の空間を持っているのです。 その閉鎖感がある種の仲間意識を持たせることになるのでしょう。

そして、独自の空間を使ったコミュニティなので、 運営側が手を加え易いのです。 それがお友達リストなどの形で反映されているのです。

1人1人のブログをお友達リストで連結させ、 お友達が何か更新するとそれが自動で知らせてくれるRSS機能も付いている、 というのがSNSの印象です。

つまり、SNSとブログでの記事(日記)の決定的な違いというのは、 その読者層(ターゲット)になるのです。

ブログは基本的には自分の事を知らない人向けに書かなければならないのです。 だからこそ、「今日、自分は何をして〜、何々をしました」的な日記には誰も興味がないのです。 何処の誰かも知らない相手の日常を読んでも面白くもなんともないですからね?

芸能人などの有名人のブログはそのような内容の日記を掲載しても人気があるのは、 皆がその人を知っている、そして少なからず憧れの感情を持っているからです。 日記の内容そのものが面白いのではないのです。

逆に、SNSというのは自分の事を知ってる人を対象に書くのです。 知っている人の日常だから面白いんですよ。

一般人がブログでコメントを貰いたかったりアクセスを稼ぎたかったりとするには、 自分の日常を書いてたら成功はまずありえません。 何か有益な情報、もしくは面白い小話などを書かないとどうしようもないのです。

正直、それは凄く難しい事です。 星の数ほどあるWebサイトの中で、その中でも特に目立って輝かなければならないからです。 だから、ブログをやっていても全然アクセスが無いという場合がほとんどだと思います。

逆にSNSならば、書き易い日常ネタでもリアルの友達がコメントをくれたりしますしね。 ブログでは全くの無反応だったことがSNSでは爆発的な人気サイトにはなれなくとも、 ある程度の反応を貰う事ができるのです。

だからSNSが面白く、流行ってきたという事になります。 ブログでは期待していた「ワクワクドキドキ」を味わえない事がほとんどになってしまいますからね。

そして、リアルの友達だけではなく、コミュニティを通じて交友関係の輪を広げる事ができる。 という感じですね。 SNSはブログのコミュニケーション部分を特化したツールだと私は思っているのです。

まとめ

ブログ ⇒ コミュニケーション用の機能なども充実しているが、その性質は通常のWebサイトのスターターキットに過ぎない。

SNS ⇒ コミュニケーションに特化したツール



SNSとブログ
SNSやブログに求めるモノ(ユーザー編)
SNSとブログの違い
SNSの注意点
SNSで稼ぐ事は可能か?

▲このページのトップに戻る

幸せなお金持ち
Webノウハウ・ラーニングコース

当サイトは上記の「Webノウハウ・ラーニングコース」の正規パートナーサイトです。 私の紹介で購入すると10%OFFになります。

w6669」←が私のギフトナンバーですので、 ご購入の際には是非お使いください♪

Webノウハウ講座の感想

【PR】 釣具販売【楽天】  ルアー・フィッシング【楽天】