外部ファイルを使ってみよう

スタイルシート、そしてJavaScript。 どちらもheadタグ内で設定しておくと以前教えました。
が、実はもう1つ設定方法があるんです。

それは外部ファイルするということなんです。
今までheadの中で書いてた物を一々全部のファイルに書かずに、 設定専用のファイルを1つ作り、それを参照させるという事が可能なのです。

そーする事によって、 1つ1つのファイルの容量が軽くなりますし、 設定を変更する場合も外部ファイルを1つ変更すれば済むので編集も楽になります。

とりあえずはCSS、ですが外部ファイルの作り方は簡単。
今まで

<head> <style type="text/css"> この部分に書いてた物 </style> </head>

↑の部分に書いてた物をそのまんま、別のファイルに書けばOKです。
メモ帳にでも書いてみて、「新規保存⇒全てのファイル⇒style.css」とでも保存してみてください。 拡張子は「.css」ならば、ファイル名は適当で大丈夫です。

そしたら、次は作ったCSSファイルを適用させたいhtmlファイルのheadの中に以下の文を追加してください。

<link href="style.css" rel="stylesheet" type="text/css">

これが外部スタイルシートを適用させる為の設定となります。 後は、style.cssの中身を弄れば大丈夫です。

同じようにJavaScriptの場合も、今までheadの中でscriptタグで囲まれてた場所を、 新規ファイルに書き出して.jsという拡張子のファイルにすれば大丈夫です。 そして、

<script type="text/javascript" src="java.js"></script>

という文を適用させたいhtmlファイルのhead内に書いておけば外部CSSと同じように外部JavaScriptが使用できます。



HP作成-応用編-

外部ファイルを使ってみよう
リンクの設定変更
お気に入りに追加+ホームに設定
非推奨タグ・属性
ドキュメントタイプについて
ブラウザ互換について-width-
ブラウザ互換について-継承-
ブラウザ互換について-外部CSS-

▲このページのトップに戻る

幸せなお金持ち
Webノウハウ・ラーニングコース

当サイトは上記の「Webノウハウ・ラーニングコース」の正規パートナーサイトです。 私の紹介で購入すると10%OFFになります。

w6669」←が私のギフトナンバーですので、 ご購入の際には是非お使いください♪

Webノウハウ講座の感想

【PR】 釣具販売【楽天】  ルアー・フィッシング【楽天】