成功への秘訣

最初に答えから言っちゃいます。 成功への秘訣とは、「平均的である事を辞める事」だと思います。

この台詞は「金持ち父さんシリーズの本」を読めば出てくる言葉です。 その時には「投資」の話の中で出てきましたが、 他の事にも当てはまると思うんですよ。 そして、それはサイト運営でも当てはまると思うんですよ。

とりあえず、今回ここで言っている「サイト運営の成功」とは、人集めに成功という意味です。 つまりは、アクセスアップですね。 その後、売上増加とかはおそらくまた別要素になって来ると思いますので今回はその話は置いておきます。

アクセスアップのテクニックとしてSEO対策とかってありますが、 それはあくまで「一見さん」を呼び込む為のテクニックの1つなんですよね。 「一見さん」だけしか来なければ、所詮そこまでであり、今以上にアクセスが増える事は無いでしょう。

つまり、つまる所アクセスアップとはどれだけリピーターを増やせるか?って事だと思うんですよ。 その手段は明らかにSEO対策ではないんですよ。 だって、ロボット相手ではなく人間相手ですからね〜。

サイト運営の秘訣で良く聞くのは「他サイトとの差別化」とかって聞きますよね? ずっと考えてたんですよ、「他サイトとの差別化」ってどんな事をやれば良いのだろうか?って。

そして、気付いたんですよ。 その答えは「平均的である事を辞める事」だという事に。

例えば、情報量や情報の質が他のサイトに比べて格段に優れていれば、 それは確かに「差別化」になりますし「平均的」ではないんですよ。

今のは簡単な事例ですよね。 では、ちょっと違う点での差別化を考えてみましょう。

今回私が気付いた「平均的」な点は、ズバリ「演出」です。 「(文章の)見せ方」「表現」と言った類の事です。 これは全ジャンルの個人サイトに当てはまると思います。

私自身もそうなのですが、 文章が当り障りないんですよ。 だから読んでて面白くないんですよ。

「あ〜こーいう書き方したいんだけど、反発する人も多いだろうなぁ〜」とか、 「ここまで書いてしまうのは恥ずかしいし・・・」とか、 そんなような事を考えて作ると当り障りの無い文章やデザインが出来上がってしまいます。

当り障りがないのだから、反発する人も少ないでしょう。 逆に当り障りがないから感情が無い(薄い)、だからファンになって再び訪れてくれる事もないんですよ。 なんせ、心に響かないですからね。 反応が無いんです。

サイトに感情を込めなければ付いて来てくれる人は居ない(少ない)と思います。 当り障りの無い、良い子ちゃんっぽかったり、優等生っぽかったりするのは、 場合によりけりですが宜しくない。 恥ずかしがらずに自分をもっと出して、大胆にやってみると良いかと思います。

ただし、これは万人に受けるサイトではなくなってしまいます。 味方も増えるでしょうが、敵も増えるでしょう。 逆を返せば、それだけ「反応」が出てくるという捕らえ方もできるかと思います。

これはアレなんですが・・・、 本当の自分を曝け出すと周りが引いてしまった・・・とかって事も有り得るといえば有り得ます。 特に、サイトのジャンルと性格があってなければそのようになる可能性は高くなるかと思います。

ええ、そーいう意味でも平均的(当り障りの無い)である事を辞めるのにはリスクはあると思います。 しかし、平均的(当り障りの無い)では付いて来る人も付いて来ないと思います。

だから演出と最初に言ったんですよ。 ただ自分を出すだけではなく、ただ大胆にするだけではなく、 そのようにした上で明らかに相手が引いたり嫌がったりしないような見せ方をして行くようにすべきだと思います。

ちょっとづつ出していったり、様子を見ながらどーすれば良いのかなぁ〜と考えて行けば良いんです。 最初から完璧なんて無理でしょうからね(苦笑)

例えばSEO対策であっても答えはないでしょう? こーすれば上がるかなぁ??と思って試してみて様子を見ますよね? でも、しばらくすればSEO対策の場合は検索結果が順位となって結果が判ります。 だから、解り易いんですよ。 だから、重要だとという事も認識し易いんですよ。

このリピーター対策(?)というのは、今度はロボットではなく対人になりますよね。 これは、ランキング等が無いですから判り難いと言えば判り難いんですよ。 だから、重要視されているようでどこか軽視され勝ちなんだと思います。

同じような情報を扱っているのに、アクセス数の凄いサイトがあったり全然ダメなサイトがあったりして、 「あそこはどーやってあんなに稼いでいるんだろう?」と感じる事ありませんか?

答えは全てこの「演出(見せ方・表現)」の違いだと思います。 些細なようでいて、これこそが「違いをもたらす違い」なんじゃないかなぁ〜と思います。

他のサイトの管理人さんが気に入ってくれれば、それだけ多く紹介される機会も増えるので、 その分だけ多く一見さんが訪れると思います。 サイト運営者の方でなくても、気に入ったサイトならば口コミで広がって行く事だってあります。

つまり、この「演出(見せ方・表現)」1つでSEO対策以上の一見さん獲得の効果「も」ある可能性だってあるんですよね。 まさに、成功の秘訣だと思います(笑)

思い返してみてください、 自分の「お気に入り」に入れて定期的に見ているサイトを。

大体が、 「お友達のサイト」「情報系のデータベースサイト」「面白いサイト・為になるサイト」 の3つの内のどれだかだと思います。

貴方のサイトが情報系データベースなのならば、上記で書いたような事は全て無視し「情報の量と質」が全てです。

もし、そうでないのでしたら、「面白いサイト・為になるサイト」の分類でお気に入りに入れられる事になります。

なので、貴方のサイトを 「感情や自分を出す。恥ずかしがらない!」という観点の元に自分のお気に入りにある 「面白いサイト・為になるサイト」と自分のサイトを見比べてみてください。

面白いと思えるサイトは少なからずそのサイトの管理人さんの感情が出ていると思います。 そして、為になるサイトの中でも同じ情報を扱っているのならば「読みやすい」サイト、 または「為になる事を面白く書いているサイト」を選んで入れていると思います。


「どんな情報を扱おう?」とか「検索エンジンがぁ〜」とか考えている人、 今度はもう少し「どうやって見せよう?」という事も考えてみると違う結果になると思いますよ♪



コラム

プロ意識と2:8の法則
掲示板(BBS)について
稼いだ金額の公開について
日記について
サイト運営者としてのマナー
成功への秘訣
Webデザイン・レイアウト
独自ドメインと有料サーバー
アフィリエイトとお小遣い系サイト
サイト運営の「守・破・離」
サイトの内容を掘り下げて考えてみよう

▲このページのトップに戻る

幸せなお金持ち
Webノウハウ・ラーニングコース

当サイトは上記の「Webノウハウ・ラーニングコース」の正規パートナーサイトです。 私の紹介で購入すると10%OFFになります。

w6669」←が私のギフトナンバーですので、 ご購入の際には是非お使いください♪

Webノウハウ講座の感想

【PR】 釣具販売【楽天】  ルアー・フィッシング【楽天】